2009年11月17日

番外編【赤いレイ】

番外編〜コナミ札幌のレッスン

たま〜に利用するコナミ札幌駅前。
当然“たまに”なので、振り付けはほとんど覚えていませんふらふら

ここコナミ札幌では、小さい方の第2スタジオに目いっぱいの生徒が入っているので、後方での場所取りは先生どころか鏡に映っている上手な人すらほとんど見えず、振り付けを覚えるどころではないっダッシュ(走り出すさま)
きっと通いたくても同じような理由で通ってない人もいるんでしょうね。

ところがなんと朗報exclamation×2
2009/12月からスケジュールが変更となり、ステージ付きの大きな第1スタジオに変わるため、“見えない”ストレスが少し解消されるでしょうわーい(嬉しい顔)

1年弱のコナミ円山とは習っているフラのレベルが違うので、ベーシックに知らないステップが入っていたり、復習曲なんてレパートリーがたくさんあってしばらくは全然ついていけないでしょうが・・・たらーっ(汗)
努力次第ですよねかわいい



と前書きが長くなりましたが、レッスンが始まるとなんと今回は日本語の曲が流れてきました。

調べてみたら1940年代のもので加山雄三チックなメロディーるんるん



『赤いレイ』
大橋節夫とハニー・アイランダース

月白い浜辺に 赤いレイかけて
歌ったっけ 君とふたり
きこえてきたね なつかしい歌が
椰子の葉ゆれてる 島影から

※君の瞳 なぜかうるむ
星降る浜辺に 赤いレイかけて
楽しかったね 君とふたり

※repeat

君とふたり


【追記】
ちなみに、円山、札幌駅前のどちらも武田昭子先生が担当です。






posted by hula-sapporo at 17:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン 武田先生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。